2021.03.22更新

知覚過敏





皆さん、冷たいものを食べたり、飲んだりしたときに歯がしみるって経験をおもちですよね。
こんなとき、まずは虫歯が悪化したことを疑いますが、意外と多いのが知覚過敏なのです。
ご存知のように、歯に穴が空くほど虫歯が大きくなれば、ご自分でも自覚はできますが、初期の虫歯は、レントゲンを撮らないと発見できないことも多いので、必ず歯科クリニックを受診して下さい。
そこで、虫歯ではないと分かったときに疑うのが知覚過敏です。
では、知覚過敏って何でしょうか?
定義では、「何らかの刺激が加えられたときに感じる痛みで、それは一時的なものである」とされています。
では、何らかの刺激って何でしょうか?
多くは、冷たいものを口に含んだ時ですが、その他に、冷たい空気を吸ったり、鋭利なものが歯に当たったり、柑橘系やお酢のような酸っぱいものが歯に触れたりした時に感じる痛みです。
でも、健康な歯には起こりませんよね。それは、歯の表面にはエナメル質があるからです。そのような痛みを感じる歯には、必ずどこかに象牙質が露出しています。象牙質には、痛みを感じるセンサーがあって、そこが色んな刺激によって反応するのです。
では、虫歯でもないのに、どうして象牙質が露出するのでしょうか?
大きな原因が3つあります。

1.夜に寝ているときにする歯ぎしりや食いしばりによって、エナメル質が擦り減って、象牙質が露出します。
2.柑橘系やお酢のような酸っぱいものによってエナメル質が溶かされて、象牙質が露出します。
3.間違った歯磨きをすることによって、歯の付け根の部分のエナメル質が

削れます。また、歯茎が下がり、根の部分の象牙質が露出します
では、それぞれについて説明します。

まずは、1からです。
私たち人間は、寝ている間に必ず食いしばりをしています。これは大脳生理学的に例外なくしていることとされています。よく言うレム睡眠期にしていることが分かっています。ただし、人によって食いしばる程度や時間の差はあります。その食いしばりの際に下のあごが左右に動くと、歯ぎしりになります。毎晩このような動きをしていると、歯と歯が強い力で擦られることになり、その結果エナメル質が擦り減って、象牙質が露出します。
では、この動きを止めることはできるのでしょうか?答えは、No!です。
そのために、知覚過敏の症状が出た方には、ナイトガードをお勧めしています。ナイトガードとは、基本は上の歯全体にマウスピースのような歯のカバーを装着します。ソフトタイプとハードタイプがあり、症状に合わせてどちらかを選択します。寝ている間だけ装着するものですが、その内面に知覚過敏抑制剤を入れることで、一晩中薬剤の効果を持続させることもできます。

次は2です。
私たちが口にする食物や飲み物は、ほとんどが酸性です。アルカリ性のものはほとんどなく、中性に近いものもわずかしかありません。今までの研究で、お口の中のpHが5,4以下になったらエナメル質が溶けることが分かっています。pHというのは、お口の中の酸性・中世・アルカリ性の度合いを表し、ゼロに近いほど酸性が強く、7が中性で、それ以上になるとアルカリ性が強くなるという指標です。エナメル質が溶けない飲み物は、お水、お茶、牛乳くらいで、他のものはことごとくpHが5,4以下であることを覚えておいて下さい。とくにワイン、チューハイ、ビール、コーラ、柑橘系の飲み物、清涼飲料水、カルピスなどはとくに酸性が強いため、要注意です。アルカリ飲料と謳っている飲み物も実はかなりの酸性なのです。
では、私たちはどうしたらいいのでしょうか?
飲みたいものを我慢するのは避けたいものです。答えは、飲んだ後にすぐにお水でお口を十分にすすぐことです。つまり、少しでも中和させることに努めなければなりません。ワインが好きな方には辛いことかもしれませんが、歯が溶けることを避けるためには是非していただきたいことです。

最後に3です。
間違った歯磨きや硬い歯ブラシを使うことによって、歯の付け根(歯茎の上の部分)がくさび型(V字型)に削れて象牙質が露出します。またそれが歯茎にも影響して、歯茎が下がってしまい、歯の根っこが見えてきます。根っこの表面にはセメント質という約50µmほどの厚さの組織があるのですが、非常に脆い組織のために、すぐに剥がれてしまいます。その下には象牙質があるため、歯茎が下がるとすぐに象牙質が露出することになります。
これは、皆さんが日頃の歯磨きを上手くしなければ解決しません。定期的なメインテナンスを受けられている方は、歯科衛生士が必ずチェックをしますので、正しい歯磨きのやり方を覚えて下さい。

では、知覚過敏になれば、どのような治療法があるのでしょうか?
一番手っ取り早くて、効果的なのは、知覚過敏抑制剤を使うことです。今まで多くの製品が出ていますが、即効性のあるものは少なく、また持続性にも限界がありました。しかし、多くの研究が進み、かなり効果の高い製品も出てきました。詳しくは、当クリニックにご相談下さい。

しかし、何よりも大事なことは、対症療法ではなく、原因療法です。まずは、知覚過敏の原因(主に上に書いた3つのこと)をよく調べて、その対処をすることが先決です。それと同時に対症療法を行いますが、毎日の歯磨きの際に使用する歯磨きペーストも選んで下さい。当クリニックでは、“シュミテクト”をお薦めしています。シュミテクトには、硝酸カリウムが配合されており、このカリウムイオンが、歯の神経周辺にイオンバリアを形成します。この働きによって、神経の伝達がブロックされ、知覚過敏による痛みや不快感を緩和します。

その他にも当クリニックでは、知覚過敏に関する多くの情報を基に、様々な方法を提供しております。“たかが知覚過敏、されど知覚過敏”と言われるように、知覚過敏を放置していると、歯髄に炎症が進み、神経を取ることもあります。ちょっとしみる程度だからって我慢していると、大きなしっぺ返しが来ることもあります。
もし、そのような症状がある方は、是非当クリニックに相談して下さい。知覚過敏に詳しい歯科医師と歯科衛生士が的確なアドバイスと治療を提供します。

2021.02.08更新

歯周病と認知症の関係性はあるのか?
「脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!」


今回歯周病と認知症の関係性を示す上で、認知症専門医の長谷川嘉哉先生の書籍である「脳の老化を止めたければ歯を守りなさい!」を引用させていただきました。
なかなかインパクトのある書籍名ですよね。

歯を守りなさい

認知症に関して言えば、昨年亡くなられた初代ジェームズボンド役でもおなじみの、
ショーン・コネリー氏も晩年は認知症であったことが知られましたよね。
認知症は平均寿命の延伸に伴う、近年の超高齢化社会における人類の喫緊の課題になりつつある病と言えるのではないでしょうか。

そもそも歯周病はアルツハイマー型認知症だけでなく、誤嚥性肺炎、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、骨粗鬆症との関連が指摘されています。

・35歳を過ぎた頃から、私たちの脳には、認知症の原因物質が溜まりやすくなります。
その原因物質の発生源こそが口の病気である歯周病なのです。

・歯がない人はボケやすいは本当だった!噛めば噛むほど刺激で脳が活性化される。
歯がないとアルツハイマー型認知症を発症しやすいだけでなく、進行しやすいことも明らかになった。

・歯周病は脳を老化させる大きな原因である。

これらは書籍内で言及されているものの一部を抜粋したものです。

書籍内でも「35歳を過ぎれば歯のケアをこれまでとは変える必要がある。」
「本気で脳の老化を防ぎたいのであれば、定期的に歯科医院に通い、日々自分で行っている歯磨きを、プロに評価してもらう必要があります。」
と述べられているように、歯をしっかり温存するための『プロフェッショナルな歯のケア』が必要なのです。
他にも我々歯科医療従事者の立場からみても興味深いことがたくさん書かれてありますので、ご興味を持たれましたら一度読んでみてはいかがでしょうか?

3ヶ月に1度(どんなに期間が空いたとしても半年に1度)は歯科医院での歯のケアに通う習慣を身につけることが、変容への第一歩です。
いつまでも健康でいる為に、お口のケアから始めていきましょう。

最後にこの書籍内で私が気に入ったところをご紹介します。
「命は『口』に始まり、『歯』で終わります。それほどまでに命に直結する『歯』をみがき、『口』の中の清潔を保つことは、命そのものを健康に保つことでもあるのです。」

まずは、お気軽に当院までお問い合わせください。

2020.09.23更新

皆さん、身体の中で一番細菌の数が多い場所はどこだと思いますか?
まず、私たちは、食事を取ると食物を口で噛んで、飲み込みます。
その後、食道⇒胃⇒十二指腸⇒小腸⇒大腸⇒直腸と流れて、肛門から排泄されます。実は、お口の中と肛門が同じレベルで、一番細菌の数が多いのです。
つまり、入口と出口ということになります。

その数は、お口の場合、歯垢1gの中に何と1,000億もの細菌が棲息しております。そして、その中には虫歯菌や歯周菌も数多く含まれています。毎日、しっかりと歯磨きをしないと、虫歯や歯周病になるのは当然ですね。

そして、今回は歯周病のお話しです。
統計によりますと現在では35歳以上の方の80%が歯周病であり、その中の45%
の方が治療の必要があり、10%が深刻な状態であることが分かっています。
もちろん、歯周病を引き起こすのは歯周菌ですが、今まで数多くの歯周病関連菌が判明しています。
その中でも極悪な菌の代表が、Pg菌と呼ばれる菌で、18歳頃から感染すると言われています。もちろん、元々お口の中にいた菌ではなく、何らかの形で外部から入り込んできたのです。そしていったんお口の中に入ったPg菌はどんなことをしても絶対に排除できないのです。
では、Pg菌はどのようにして歯周病をつくるのでしょうか?
歯を磨かなかったら、歯と歯茎の間(歯周ポケットと言います)に歯垢が溜まります。この歯垢の中に多く生存するPg菌が色々な代謝物質を出して歯茎に炎症を起こします。そしてPg菌は血液の中の赤血球に含まれるヘミン鉄を栄養源として増殖していきます。つまり、Pg菌の大好物は血なんです。
ですので、歯茎から出血をすれば要注意と言われているのはそういった理由があるのです。そして、歯周ポケットで増殖したPg菌は、血管の壁を破って血管内に侵入してきます。そしてPg菌は血流にのって全身に回り、多くの病気を引き起こすことが分かっています。

さて、ここで歯周病と新型コロナの関連を見ていきましょう。
歯周菌も新型コロナウィルスも唾液中に多く存在しています。そしてお口の中の粘膜は、正常な状態であれば細菌もウィルスも侵入することができません。
しかし、歯周病にかかっている方は、Pg菌によって粘膜の血管が破られることにより、新型コロナウィルスは簡単に粘膜の中に入ってくることができます。

歯周病

そして粘膜に入った新型コロナウィルスは、私たちの身体を守る多くの免疫細胞との間で戦いが繰り広げられることになりますが、その際に免疫細胞はサイトカインという物質を多く産生します。ウィルスとの闘いが激しいほど、または長引くほど、このサイトカインは産生され続けられるのですが、これが逆に我々の身体を攻撃することになるのです。まさしく諸刃の剣なのです。
そしてこのように免疫力が働き過ぎることで、免疫暴走が起こり、身体が制御不能な状態になる、いわゆるサイトカインストームと呼ばれる状態になります。この状態になると自分の正常な細胞を傷つけることになり、新型コロナの重症化に繋がると考えられています。

皆さん、お口の中に歯周菌が多く存在すれば、このように新型コロナウィルスが入ってきた場合に感染する確率が増えることがお分かりいただけたと思います。そして、ウィルスの量が増えれば増えるほど免疫が活躍してくれますが、その裏にはサイトカインストームという罠があり、重症化することが分かっています。

今すぐ、歯科クリニックを訪れて、新型コロナウィルスの感染予防をしましょうね。当クリニックでは、Pg菌の数とその遺伝子型を調べることで、現状の歯周病に対するリスク評価を行っております。
ご興味のある方は、どうかお気軽にお問合せ下さい。

2020.07.02更新

「歯茎の中にまで虫歯が進行した時の対処法」

虫歯が大きいので、歯を抜きましょうと
言われたことのある方も少なくはないでしょう。

虫歯が大きくても歯茎の上に健康な歯が残っていれば土台を立てて
被せ物を作ることが出来ます。
しかし、虫歯が歯茎の中にまで進行した場合は話は別です。

歯が残る条件の1つとして、
歯を支えている周りの骨から健康な歯までの長さが3mmあることが挙げられます。

なぜなら、その3mmが生体のバリアとなり
歯茎の中に周りの細菌が侵入するのを防いでくれるからです。

12


3mmない状態で被せものをすると
歯茎の中に簡単に細菌が侵入し、炎症を引き起こします。


3


また、歯自体が虫歯などでほとんどなくなれれば
被せ物をした時に維持力が少なくなってしまい
被せ物がポロッと取れてしまう原因にもなりかねます。

4


この様な場合に用いるのが矯正的挺出(=エクストリュージョン)という方法です。
簡単に言うと、歯をゴムの力で引っ張り上げるというものです。


6


もう少し詳しく説明すると、
①前後の歯にワイヤーをつける
②引っ張り上げる歯にフックを埋め込む
③ワイヤーとフックの間にゴムをかける
④2週間に一回ゴムを交換する
⑤歯が引っ張り上がったら、固定する(すぐ装置を外すと後戻りする為)
⑥装置を外す               といった手順になります。

どれくらいの長さを引っ張るかで、期間は変わってきますが
おおよそ、1,5〜3ヶ月引っ張り、それと同じくらいの期間、固定します。


6


しかし、歯を引っ張り上げると
歯茎が一緒についてきてしまうことがあります。
そうすると、生体のバリアは獲得出来ても
肝心の被せ物が歯茎のせいでうまく被せられなくなります。

なので、この様な場合は
歯茎を下げる手術をしなければなりません。
そうすることで生体のバリアを獲得しつつ、
維持力の強い、取れにくい理想的な被せ物を入れることが出来ます。

もちろん、全てのケースで出来るわけではありません。
前歯では適応できることが多いですが、
奥歯で根っこが複数本ある場合は難しい場合が多いです。
また、歯を引っ張り上げることで
歯の頭と根っこのバランスが悪くなり、
グラグラ揺れ出す可能性が高い時も適応外になります。

気になった方は、担当医に聞いてみてくださいね。

2019.08.19更新

喫煙と歯周病って関係あるの??
そう思われている患者様は案外多いのではないでしょうか?(特に喫煙者の方々)
厚生労働省では、2016年に「タバコによる喫煙者本人への影響」として、歯科疾患との因果関係の評価を行いました。
その結果、喫煙と歯周病の関連はレベル1(科学的証拠は、因果関係を推定するのに十分である)と判定しています。
(詳しくは「喫煙と健康」厚生労働省のホームページをご覧ください)
また、喫煙本数が多くなるほど、喫煙年数が長くなるほど歯の喪失のリスクは高くなることも確認されています。

喫煙者特有のお口の状況で一番厄介なのは、「出血が少ない」ことです。
ニコチンの血管収縮作用によってお口の中の毛細血管は収縮し血液量の減少、ヘモグロビン量および酸素飽和度の低下を起こします。
本来、炎症があるところでは「出血」が見られますが、喫煙者の歯グキは毛細血管の収縮に伴い出血が少なく、歯周病の発見を遅らせます。
また、ニコチンは免疫機能に対しても抑制的に作用する為、歯肉の治癒に対しても悪影響を及ぼします。
つまり、病気にかかりやすく治りにくい体になってしまうのです。

近年では受動喫煙の影響についても盛んに報道がありますが、
タバコから「大切な人だけでなく、その周囲を守る」ためにも、歯科衛生士による禁煙支援をはじめとした歯周炎疾患に対する歯周基本治療を一度受けられてみてはいかがでしょうか?
来院お待ちしております。

2019.04.01更新

通常、メインテナンスなどで行なっている「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」ではもともと天然歯に付着しているプラーク(歯垢)除去を目的とし、回転器具とペーストを用いて歯面研磨を行う方法が主流でした。 しかし、被せ物(金属やセラミックなど)や歯茎への影響を考えると、回転器具では損傷が生じたり、到達できない部分があるなど、限界がありました。

そこで登場したのが、水とパウダーを噴射して歯面清掃を行う「エアーアブレージョン」です。研磨による振動を与えず短時間で確実に付着物を除去することで、患者様も不快症状が少なく快適にメインテナンスを受けていただくことが可能となります。

当院で主に使用しているパウダーは「グリシン」です。 グリシンは非必須アミノ酸で、無臭・無色で軽い甘みがあり、水溶性が高い物質です。また、毒性がなくアレルギーを誘発しません。 以上のことから、口腔内での使用に非常に適しているのです。

注意点といたしましては、ステイン(着色)の除去はできないという点です。 ステイン(着色)の除去がご希望であれば、従来通りPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)が必要になります。 ご興味・ご質問がございましたら、何なりと担当の歯科医師・歯科衛生士にお尋ね下さい。

 

※PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは
P:プロフェッショナル(専門家による)
M:メカニカル(機械的な)
T:トゥース(歯の)
C:クリーニング(清掃)

 

の略で、回転器具とペーストを用いて汚れを落としていきます。 当院でも従来行なっているものです。

2018.12.04更新

リグロスは、歯周病で失われた組織や骨を再生させる治療に使われる薬剤です。2016年9月より保険適用となりました。
(それまでは、再生療法に使われる薬剤はエムドゲインという保険適用外の薬剤のみでした。)

歯周病の手術で、歯茎を切って開いた後、プラーク・歯石などを取り除き、
歯周病で失われた部分にリグロスを塗布し、歯を支えている骨の再生を促します。

リグロスの成分は、歯周組織の細胞に対して増殖、遊走を促進させる成長因子です。
その因子の作用により新たに血管を作り、歯周病で破壊された歯周組織の細胞を増やし、分化させることで、歯槽骨などの歯周組織が再生されます。

歯周病の治療は、プラーク・歯石の除去から始まります。 プラークの除去は正しい方法でご自分で毎日ブラッシングを頑張って頂き、歯石の除去は歯科医院にて専門の器具で行います。 歯茎の上の歯石除去をした後は、歯茎の中の歯石の除去を進めていきます。
そうして、歯茎の状態が安定してきた段階で、まだ深い歯周ポケットがある所に手術をしていきます。 歯周病の手術を行う前には、こういった治療が必須になります。
これを歯周基本治療と呼んでおり、歯科衛生士が担当します。

初期治療には通常数カ月を要し、手術の要件を満たしていない場合は、再生療法は適用されません。 また、リグロスの使用には適応症がありますので、すべての症例に使えるわけではありません。 そして、骨が再生してくるかどうかを数カ月間、経過をみていくことになります。 手術をした後も、歯周病の進行を防ぎ、状態を維持していくために、日々のブラッシングや歯科医院での定期的なメンテナンスが必要になってきます。 一部の歯周病は、再生療法の進歩により、治る時代になってきました。

PageTop