2019.04.01更新

通常、メインテナンスなどで行なっている「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」ではもともと天然歯に付着しているプラーク(歯垢)除去を目的とし、回転器具とペーストを用いて歯面研磨を行う方法が主流でした。 しかし、被せ物(金属やセラミックなど)や歯茎への影響を考えると、回転器具では損傷が生じたり、到達できない部分があるなど、限界がありました。

そこで登場したのが、水とパウダーを噴射して歯面清掃を行う「エアーアブレージョン」です。研磨による振動を与えず短時間で確実に付着物を除去することで、患者様も不快症状が少なく快適にメインテナンスを受けていただくことが可能となります。

当院で主に使用しているパウダーは「グリシン」です。 グリシンは非必須アミノ酸で、無臭・無色で軽い甘みがあり、水溶性が高い物質です。また、毒性がなくアレルギーを誘発しません。 以上のことから、口腔内での使用に非常に適しているのです。

注意点といたしましては、ステイン(着色)の除去はできないという点です。 ステイン(着色)の除去がご希望であれば、従来通りPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)が必要になります。 ご興味・ご質問がございましたら、何なりと担当の歯科医師・歯科衛生士にお尋ね下さい。

 

※PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは
P:プロフェッショナル(専門家による)
M:メカニカル(機械的な)
T:トゥース(歯の)
C:クリーニング(清掃)

 

の略で、回転器具とペーストを用いて汚れを落としていきます。 当院でも従来行なっているものです。

PageTop