当院の歯周病治療について

当院の歯周病治療について

「その歯を抜け」と言ったのは誰ですか?

たとえ数%であっても残る可能性のある歯は、徹底的に残す。それが当院のポリシーです。

抜歯しなければならない理由。その原因は、歯への感染、または歯周組織への感染のどちらかがほとんどです。歯への感染が虫歯であり、歯周組織への感染が歯周病です。
ただし、他院で「抜歯すべき」とされたものが、当院では保存できる可能性がある、ということは少なくありません。
一方、当院院長は、インプラント専門医を教育する立場の、インプラント指導医でもあります。
ただしインプラントについては基準を厳格に設定し、まず「この歯は、本当に抜くしかないのか?」を追及すべきです。私たち歯科医の本来の仕事は、患者様の歯を守ることです。

「どうか自分の歯を抜いて欲しい」とおっしゃる患者様に出会ったことはありません。もはや抜歯するしかないなら仕方がありませんが、あくまでもインプラントは全力を尽くしても歯が保存できなかった後に考える治療オプションのひとつだと考えています。
「歯の保存に命を賭けている」。
このように言うと大げさに聞こえるかもしれません。しかし最高レベルの診断・治療・メンテナンスを提供することを目指す当院としては、この言葉に自信とプライドを賭けているといっても過言ではありません。少なくとも、医師の都合や医院経営上の理由で歯を抜くなどもってのほかです。
「どこに行っても抜けと言われたが、ここなら残せるかもしれないと聞いた。福西歯科が最後の望みです」
そうおっしゃる患者様のため、当院はとことんまで歯の保存にこだわります。

福西歯科が提供する「歯周病治療の条件」

きわめて軽度の歯周病を発見するドクターのスペシャリティ。

歯周病は軽度の内に治療するのがベストの道。治療するには、まず「発見」できなければ話になりません。
日本で唯一、臨床系の4つの学会で専門医・指導医を務める院長をはじめ、たくさんのドクターが徹底的な診査と診断を行います。

担当医師・担当衛生士がタッグを組んで徹底治療。

外科処置などのクオリティの高さも大切ですが、定期的なケアを行うため長いお付き合いとなるのが歯周病。
院内の情報共有は万全ですが、患者様より安心して治療や予防をおまかせいただけるよう、担当医師・担当衛生士制を採用しております。

優秀な衛生士のいないクリニックで、正しい歯周病治療はありえない。

歯周病治療のクオリティは、歯科衛生士の質で決まるといっても過言ではありません。当院はすべての衛生士に指導衛生士がつき、1年もの時間をかけて徹底的に教育を行っています。

専用のケアスペースに、歯科衛生士専用のユニットチェアーを6台設置。

歯科用のユニットチェアー6台を、歯科衛生士のためだけに確保。当院は、歯周病治療は衛生士こそが主役と考えています。
重要なことは、軽度の内におさえこみ、環境を維持すること。歯のクリーニングは、決して治療の合間に行うものではありません。

あきらめられないあなたのために。

歯周病菌は、歯と歯ぐきの間から進入し、奥へ入り込みます。その後、歯の周りの骨を溶かしていき、一度溶かされた骨は、自然に元に戻ることはありません。しかし、あきらめることはないのです。現在の歯科医療の進歩は一部の骨を再生することに成功しました。いわゆる歯周組織再生療法です。
当院は「歯科医師も受診に来るクリニック」として、適切な治療をベストなタイミングでご提案します。

PageTop