専門医による歯周病治療

本当に早期発見ができるドクター・衛生士を、あなたは選んでいますか?

歯周病の治療は、何といっても「早く見つけ出す」ことが秘訣です。軽度の場合、自覚症状がないため多くの患者様が歯周病を見過ごしてしまいます。
そんな歯周病が、まだほんの小さな芽のような内に見つけ出すのが真のプロフェッショナルです。
ほぼすべての歯科医院が定期検診をおすすめするのは、この「早期発見」を行うためです。しかしそれは、実際に歯周病の萌芽を見抜くドクターのいる医院でなければ意味がありません。軽度の歯周病はほとんどが見逃されているといっても過言ではありません。
また一度だけ診ても意味がなく、経緯を観察していくことが重要です。

軽度の歯周病であれば、完璧におさえこむことは可能です。しかしこれが中等度となると、重度にならないよう維持していくしかありません。歯周病は骨が溶かされて減っていく疾患ですが、咀嚼に支障が出てしまっているなら、中等度以上に進行しているものと思われます。
さらに重度となると、残念ですが手遅れになっていることがほとんどです。
たとえば隣の歯を支持している骨にまで歯周病が達していれば、抜歯するほかありません。

軽度の歯周病では手術は必要なく、定期的な歯石除去とクリーニングで病気の進行をおさえることができます。
しかし、中等度以上の進行したケースでは、深いポケット内にある歯石が取り切れないことがあるため、歯周外科が必要となることもまれでありません。
ただし、外科を行う場合でも、そこには適切なタイミングというものがあります。タイミングを外してしまえば、さらなる処置が必要になったり、患者様の満足度が下がってしまう可能性が高くなります。

ではそのベストなタイミングを、どのように計るのか。これは定期的に私たちプロの診断を受けていただき、その判断にまかせてほしいと言うほかありません。

あなたが本当に、末永く自分の歯で噛みたいと思っているなら、当院へ一度ご相談にきて下さい。

1

初診・診査

歯周病菌は、あなたの歯と歯肉の境目にできる歯周ポケットを住処とします。つまりその深さを測れば、歯周病の進行度が判るというわけです。
ポケットプローブという棒状の器具を挿入して出血があれば、歯周炎が起きている証拠です。内部では「歯の吸血鬼」とも言われる、代表的な歯周病菌の一種であるP.G菌が血液のヘモグロビンを食べながら増殖を繰り返し、白血球などと激しい戦いを繰り広げています。そのためまずはお口の状態を確認し、応急処置を行います。

2

診断

患者様の歯周病や虫歯、さらに咬み合わせについて適切な診断を行い、現在抱えている問題点を明らかにします。

3

治療方針の決定

もちろん患者様のご要望は最大限尊重いたします。

4

治療

患者様のご理解とご納得がいただければ、治療を開始します。

5

最終確認・口腔内清掃

治療後の最終確認を行い、お口の中の状況を再評価します。

6

ファーストリコール

治療終了からまず約1カ月後に、状態の確認を行います。

7

メンテナンス

問題は一度解決しましたが、およそ3カ月を過ぎると再び歯周病菌は増加しはじめます。再発を防ぐには、定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
メンテナンスの間隔は、個々の患者様の状態に合わせて、こちらから提案させていただきます。

PageTop